ファクタリングって何だろう?

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却し、売掛金を早期回収する資金調達方法です。

売掛金の回収は、事業主の課題でもありますよね。

ファクタリングは、そんな事業主の悩みを解決する資金調達方法なのです。

利用することで売掛金の未回収リスクを防ぎキャッシュフローの改善バランスシートのオフバランス化を図ることができます。そんな良いことづくしのファクタリングについて、今回は徹底解説します。

利用する上での注意点もチェックしてみてください。

1:ファクタリングとは?仕組みをマルッと解説

ファクタリングって何だろう?

ファクタリングとは、簡潔にまとめると「入金待ちの請求書を買取してもらうことで、期日よりも前に現金を受け取ることができるサービス」です。

日本の企業間取引では、まず商品やサービスを提供し、代金を後からもらう掛取引が主となるでしょう。

ファクタリングを利用することで「現金が入ってくるまで会社を回せるかな?」不安を打ち消すことが可能です。そんなファクタリングでは、主に2つの取引方法があります。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

上記2つの取引方法について、仕組みを紹介していきます。

参考:ファクタリング

1-1:2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリング

ファクタリングの2社間ファクタリングについて紹介します。

2社間ファクタリングは、貴社とファクタリング会社の2社間で行う取引方法です。

上記の図を見ながら、仕組みについて紹介します。

  • ①売掛先へ商品やサービスを提供
  • ②利用者(貴社)は、ファクタリング会社へ申込
  • ③ファクタリング会社が売掛債権に対して買取代金を支払う
  • ④売掛先から期日通り、貴社へ支払いが行われる
  • ⑤売掛金をファクタリング会社へ送金

上記の手順でファクタリングを利用することが可能です。

2社間ファクタリングは、売掛先を契約に交えません。

そのためファクタリングを利用していることが、売掛先に知られずに利用することが可能です。

1-2:3社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリング

ファクタリングの3社間ファクタリングについて、紹介します。

3社間ファクタリングは、貴社とファクタリング会社、売掛先の3社間で行う取引方法です。

上記の図を見ながら、仕組みについて紹介していきます。

  • ①売掛先へ商品やサービスを提供
  • ②利用者(貴社)は、ファクタリング会社へ申込
  • ③売掛先へ債権譲渡通知を出し、承諾を得る
  • ④ファクタリング会社が売掛債権に対して買取代金を支払う
  • ⑤売掛先からファクタリング会社へ、直接売掛金を支払う

3社間ファクタリングを利用する場合、売掛先の承諾を得る必要があるのです。

2社間ファクタリングに比べて手間と時間がかかりますが、手数料を安く抑えることができます。

2:間違えないで!ファクタリング2つの種類

貯金箱

ファクタリングには種類があるの?

ファクタリングと一まとめに言っても、ファクタリングには複数の種類があります。

ファクタリングには、大きく分けて2つの種類があるのです。

  • 買取ファクタリング
  • 保証ファクタリング

上記2つの種類は、同じファクタリングでも目的が全く異なる種類となります。

どのような違いがあるのか把握し、ご自身のニーズに合わせて利用するようにしましょう。

2-1:買取ファクタリング

買取ファクタリングとは、売掛債権の早期現金化を目的として利用できる種類です。

資金調達の目的でファクタリングを利用したい場合には、買取ファクタリングが該当します。

保有している売掛債権をファクタリング会社に売却すれば、手数料を差し引いた買取金額を受け取ることが可能です。

売掛金の支払い期日を待たずに現金化できますが、手数料が引かれるため注意する必要があります。

本来受け取れるはずだった売掛金よりは、額面が少なくなるからです。

ただし、担保や保証人なしで中小企業やベンチャー企業でも利用することができます。

2-2:保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、資金調達を目的としていない種類です。

売掛金の未回収リスクを防ぐために活用するファクタリングであり、資金調達には向いていません。

保証ファクタリングを利用しておけば、保険と同様に売掛金の支払いを保証会社が保証してくれるのです。売掛先が売掛金を支払えない状況となった場合、保証会社が売掛金を支払うシステムになります。

  • 「この会社との取引は不安だな」
  • 「お金を支払ってもらえるのかな?」

上記のように感じる取引先との取引では、保証ファクタリングを活用すべきです。

3:ファクタリングの3つの注意点

デスクワーク

ファクタリングを利用する上で、注意点はあるのかな?

上記のように、ファクタリングの注意点について知りたいとお考えではありませんか。

ファクタリングは便利な資金調達方法ですが、注意点が3つあるのです。

  • 手数料が高い
  • 絶対に売掛先にバレない保証はない
  • ヤミ金が存在する

上記3つの中でも、手数料は特に注意すべき点になります。

さっそく、上記3つの注意点について詳しく紹介していきましょう。

3-1:手数料が高い

1つ目の注意点は手数料です。

ファクタリングは、銀行融資などに比べても手数料が高くなっています。

一度の利用で、大体5%~20%の手数料がかかってしまうのです。

手数料を、あえて年利計算すると年利100%以上になります。非常に高いことがわかるでしょう。

ファクタリングは、あくまでも単発的に利用する資金調達方法です。

短期間で何度も利用した場合、かえって資金繰りが悪化する危険性があります。

十分に注意しておきましょう。

3-2:絶対に売掛先にバレない保証はない

2つ目の注意点は、絶対に売掛先にバレない保証はないということです。

2社間ファクタリングを利用すれば、売掛先にバレずにファクタリングを行うことができます。

ただし債権譲渡登記(第三者へ債権の保有者であることを主張するもの)を行なった場合は、絶対にバレないという保証ができなくなるのです。債権譲渡登記を行うと、誰でも債権の持ち主を調べられるように登録されます。そのため、売掛先が債権譲渡登記の履歴を調べればすぐに分かってしまうのです。

3-3:ヤミ金が存在する

4つ目の注意点は、ヤミ金が存在するという点です。

実は、ファクタリングという事業を行う上で特別な資格・免許は必要ありません。

ファクタリング専用の法律も改正されていないため、資金があれば誰でも事業を始めることが可能です。

そのためヤミ金から流れてきた悪徳業者が、優良会社に混ざって存在しています。

手数料などの条件だけに惑わざれず、安心して利用できるファクタリング会社を選ぶ必要があるのです。

4:ここは抑えて!ファクタリング会社を選ぶ3つのコツ

ジャンプ

安全にファクタリング会社を利用したいな!

せっかくファクタリングを利用するなら、安全に利用したいですよね。

ヤミ金などの悪徳業者を利用しないためにも、ファクタリング会社を選ぶコツについて紹介していきます。

  • 会社概要を確認する
  • 契約書があるか確認する
  • 条件が良すぎないか確認する

ファクタリング会社を選ぶ上で、チェックすべきコツは3つです。

さっそく上記5つのコツについて詳しく紹介していきます。

4-1:会社概要を確認する

1つ目のコツは、会社概要を確認する点です。

悪徳なファクタリング会社である場合、ホームページに会社概要を載せていない場合があります。

もしくは情報の公開量が極端に少なかったり嘘の情報を書いていたりする可能性があるのです。

安心して利用できるかを確認するためにも、下記の会社概要についてチェックしておきましょう。

  • 運営会社名
  • 所在地
  • 代表者名
  • 設立年月
  • 電話番号

上記5つの情報は、最低限載せておくべき項目です。

また、これらの情報が記載されていても社名をインターネットで検索してみましょう。

4-2:契約書があるか確認する

2つ目のコツは、契約書があるかどうかです。

ファクタリングにおいて、契約書は必須と言えます。

お金が関わる契約であり、企業と企業の正式な取引となるからです。

しかし、悪徳なファクタリング会社では契約書を発行しない場合があります。

  • 契約書がない方が、早く済みますよ
  • 契約書を作成しない場合、手数料がお安くなります

上記のように様々な言い訳をし、契約書の発行を渋るのです。

契約後に契約内容を変えたり、証拠が残ることを嫌うからと言えます。

ファクタリング契約において、契約書を発行してもらえない場合には、直ぐに利用をやめてください。

4-3:条件が良すぎないか確認

3つ目のコツは、条件が良すぎないか確認することです。

ファクタリングを利用しようと考えた場合、資金調達に焦って「どこでもいいから早く!」という状況にもなりかねません。

悪徳業者は、資金調達に焦っている者を狙って、甘い条件で誘惑してくるのです。

  • 手数料0%でやりますよ
  • 審査なしで出来ますよ
  • 1時間でお金を用意しますよ

上記のような甘い条件は、罠だと把握しておいてください。

他社と比較し、明らかに条件が良すぎる場合は危険ですので注意しましょう。

悪徳会社を利用してしまえば、資金繰りだけでなく様々な人に影響が及びます。

焦らず、安心して利用できる会社を選んでください。

5:即日!おすすめのファクタリング会社3選

オフィスビル

おすすめのファクタリング会社が知りたいな!

上記のように、ファクタリング会社をお探しではありませんか?

ファクタリング会社の中にも、様々な魅力や特徴があります。

今回は、安心して即日利用できる、おすすめのファクタリング会社を3つ紹介しましょう。

  • ① 株式会社ウィット
  • ② 事業資金エージェント
  • ③ anew

上記3つの中でも、編集部イチオシなのがウィットです。

ウィットは電話一本で申し込みを行うことができ、事務所へ来店する必要もありません。

上記3つのファクタリング会社について、詳しく紹介していきましょう。

5-1:ウィット

ウィット
ウィットは、500万円以下の小口を専門で取り扱うファクタリング会社です。

非対面方式での契約方法を行なっており、わざわざ来店する必要がありません。

また、法人に関わらず個人事業主でも利用することが可能です。

中小企業やフリーランスの場合には、最も利用しやすいファクタリング会社と言えるでしょう。

5-2:事業資金エージェント

事業資金エージェント
事業資金エージェントは、手数料の安いファクタリング会社です。

業界最安水準の 1.5%~利用することができ、1,000万円まで即日利用することができます。

2社間ファクタリングに特化しているため、素早い契約を結ぶことが可能です。

素早く大きな額をファクタリングで利用したいとお考えであれば、事業資金エージェントがぴったりでしょう。

5-3:anew

anew
anewは、大手金融機関の新生銀行とファクタリング大手のOLTAが共同でリリースしたファクタリングサービスです。

法人を対象としたファクタリングサービスで、手数料2%~9%で利用することができます。

大口案件を得意としているため、小口には向いていないでしょう。法人の場合には、一度お申し込みをする価値のあるファクタリングサービスです。

6:中小企業庁も認める!ファクタリングが違法ではない理由

ファクタリングって違法なのでは?

上記のように、ファクタリングが怪しいサービスだと感じていませんか?

ファクタリング会社によっては、貸金業法違反の疑いで逮捕者も出ています。(金貸しをしたため)

しかし基本的にファクタリングサービスは、違法ではないのです。

なぜ違法ではないと言い切れるのか、理由について詳しく紹介していきます。

6-1:ファクタリングが違法ではない理由

ファクタリングは違法ではありません。

ファクタリングは、売掛債権の売買契約に該当するからです。(民法 第555条)

債権は自由に譲渡することができ、その債権をいくらで売却しても違法とはなりません。

そのため、ファクタリングの仕組みや手数料は違法とはならないのです。

ただし、給料ファクタリングは違法です。個人の給料を買い取る給料ファクタリングは、貸金業に認定されています。貸金業登録をしていない給料ファクタリング業者は、違法となり逮捕されるのです。

十分に注意しておきましょう。

まとめ

ファクタリングについて、詳しく紹介してきました。

ファクタリングは、入金待ちの請求書を売却することで、期日前に現金化できるサービスです。

  • 融資が受けられなかった
  • 担保や保証人を用意できない
  • 負債は作りたくない

このような状況であれば、ファクタリングを利用することで資金調達を行うことができます。

ぜひ参考にしてみてください。

参考サイト:ファクタリングとは|シャチョサン