今月は急な出費が多くて生活が厳しい…借金はこれ以上できないしどうすれば…
そんなとき給料ファクタリングを使えば即日で現金をGETできますよ

給料ファクタリングとは

給料ファクタリングとは、「給料債権」をファクタリング会社に買取してもらうことです。買取してもらうことで、基本給から10%~20%の手数料が差し引かれた現金を最短即日で受け取れます。

給料債権とは「給料日に給料を受け取る権利」のことで、社員だけでなくアルバイトも持っている権利です。かんたんにイラストで説明しましょう。

給料ファクタリングとは

本来のファクタリングは個人では利用できないんだけど、給料の受け取りを「給料債権」をみなすことで個人でも利用できるようにしたのが給料ファクタリングなんです。

給料ファクタリングの仕組み

給料ファクタリングを利用すると、給料日に受け取った給料をファクタリング会社に支払う義務が発生します。

さっき教えてくれた「給料債権」が、ファクタリング会社のものになるからだね!
その通り!利用した月は給料をもらえないから、給料の前借りみたいなものです。そんな給料ファクタリング利用の流れについて図解していきます。

給料ファクタリングの仕組み

勘違いしてはいけないのが、債権の買取はお金を借りることではありません。そのため消費者金融から融資を断られる「金融ブラック」の人でも、給料ファクタリングは利用できるのです。

これで脱初心者!給料ファクタリング5つの特徴

給料ファクタリングがどんなものかは理解できましたか?

もっと深く給料ファクタリングについて知るために、5つの特徴を紹介しましょう。

  • ほとんど誰でも利用可能
  • 審査のために必要な準備物がある
  • 最短30分で即日現金入手可能
  • 店舗に出向く必要がない
  • 手数料が最低10%差し引かれる
これだけ知っておけば給料ファクタリングに関しては脱初心者と言えるはずです。早速解説していきますね!

ほとんど誰でも利用可能

給料ファクタリングは、サラリーマンなら誰でも利用できます。給料を受け取っていれば、アルバイトや派遣社員問わず利用できるでしょう。

【利用できる人】

  • 会社員
  • アルバイト
  • 派遣社員
  • 主婦(配偶者が働いている必要あり)

【利用できない人】

  • ニート

給料ファクタリングの利用には審査がありますが、貸金業ではないので「信用情報機関」に情報照会されるようなことは一切ありません

きちんと給料日に現金を受け取れる人なのかを判断するための簡単な聞き取り調査程度です。

審査のために必要な準備物がある

給料ファクタリングを利用する場合、必ず提出しなければいけない準備物が3つあります。

  • 身分証明書
  • 健康保険証
  • 直近数ヶ月の給与明細

ただし、業者によって必要な準備物は異なります。給与明細が無い場合は、給料が振り込まれた口座の写しなどでも対応できることが多いため、利用する給料ファクタリング業者に相談してみると良いでしょう。

関連記事:【給料ファクタリング 審査】

関連記事:【給料ファクタリング 土日】

最短30分で即日現金入手可能

給料ファクタリングは最短30分で即日で現金を入手できる資金調達方法です。

個人で利用できる資金調達方法にはカードローンや消費者金融がありますが、こちらは外部機関に他社からの借金情報を照会するため融資までに数時間かかる場合があります。そのためスピードを重要視するなら、給料ファクタリングはかなりおすすめです。

また、金融ブラックでも最短即日で現金が入手できる資金調達方法として「amazonギフト券買取」や「iTunesカード買取」、「クレジットカード現金化」、「携帯決済現金化」という方法もあります。気になる人は詳しく書かれているサイトがあるので参考にしてください。

参考サイト:amazonギフト券買取比較サイト

店舗に出向く必要がない

給料ファクタリングはインターネット上や電話、メール等でやり取りするのがほとんどです。

給料ファクタリング業者は東京に営業所を構えていることが多いですが、利用者は日本全国どこからでも即日現金を手にすることができます。

インターネット取引だからこそ即日現金を受け取れるんですね!

手数料が最低10%差し引かれる

給料ファクタリングでは手数料として10%~20%差し引かれます

例えば10万円分の給料債権をファクタリング会社に買取ってもらうとしましょう。手数料が10%だとすれば、あなたが受け取れる現金は9万円(10万円×0.1=9万円)になります。この手数料は、勤続年数や雇用形態を参考に個別に決定されるようです。

給料ファクタリングの妥当な手数料は10%~20%ですが、一部の悪質なファクタリング業者では最大50%もの手数料がかかってしまいます。融資を受けられない人の足元につけこむような悪質業者には注意しましょう。

給料ファクタリング業者3選

給料ファクタリング会社は数10サイトあることが確認できていますが、利用者の足元をみて40%~50%もの手数料を請求してくる悪質業者がかなり多いです。ここでは当サイトの調査で明らかになった「比較的優良な給料ファクタリング業者」を3サイト紹介します。

悪質な業者は闇金のような取り立てをしてくるから絶対に利用してはいけません!

七福神

七福神

七福神は給料ファクタリング業界で最も有名です。手数料が10%~20%と決められているため、それ以上の高額な手数料が差し引かれることはありません。業界内で最も実績があり、最も安心して利用できるサイトなので、特別な理由がない限りは「七福神」を利用することをオススメします。

運営会社 株式会社ZERUTA
電話番号 03-6380-0841
営業時間 【平日】9:00~19:00
【日祝】10:00~18:00
定休日 土曜日
所在地 東京都新宿区新宿1-34-8近代BLD.15 7F

七福神の公式サイトを見る

Get給

Get給

Get給は株式会社アクアバレーが運営する給料ファクタリング会社です。手数料は10%~からと良心的で、ネットでの評価も比較的悪くありません。サイトの作りがしっかりしており、身元もはっきりしているため、かなり安心して利用できます。

運営会社 株式会社アクアバレー
電話番号 03-6402-7055
営業時間 9:30~18:00
定休日 土日祝
所在地 千葉県松戸市中根444-103号

Get給の公式サイトを見る

ウォレットリンク

Wallet Link

ウォレットリンクの運営元は「Get給」と同じく株式会社アクアバレーです。同じ系列ということで、Get給同様に安心して利用できる給料ファクタリング会社です。LINEから簡単に審査開始できるのが特徴的で、誰でも簡単に利用できます。

運営会社 株式会社アクアバレー
電話番号 0120-214-091
営業時間 9:30~18:00
定休日 土日祝
所在地 千葉県松戸市中根444-103号

ウォレットリンクの公式サイトを見る

給料ファクタリングに潜む3つの危険性

給料ファクタリングは、金融ブラックでも現金を手に入れることができる「法律の抜け道」的な方法です。

そのためメリットだけではなく、危険性も潜んでいることは知っておかなければなりません。

  • グレーゾーンな金融サービスである
  • 金利換算すると消費者金融の10倍
  • 安心して利用できる業者はひとにぎり

上記3つの危険性は理解しておいた方が身のためでしょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

グレーゾーンな金融サービスである

給料ファクタリングは「お金を借りる」のではなく、「給料債権を買い取る」取引です。よって、借金について取り締まる法律「貸金業法」には違反しないといえるでしょう。

債権の譲渡については下記の法律が適応されると考えられます。

第466条

債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。

引用:民法第466条

貸金業法に接触しないため「総量規制」をかいくぐって現金を調達できますが、貸金業法に定められた「年利20%」という上限が適応されません。そのため法に守られていないグレーな資金調達方法だということには注意しましょう。

関連記事:【給料ファクタリング 違法】

金利換算すると消費者金融の10倍

給料ファクタリングは手数料として10%~20%が差し引かれます。

これを消費者金融で10万円調達した場合と比べてみましょう。給料日までの日付は30日と仮定しています。

給料ファクタリング 消費者金融
条件 手数料20% 年利18%
支払金額 125000円 101470円

金利に換算すると給料ファクタリングは「25000円」で消費者金融は「1470円」と、10倍以上の差がついていることがわかります。

給料ファクタリングは金融ブラックでも利用できるというメリットがありますが、手数料が高いことには注意しなければいけません。そのため利用は計画的に行うべきです。

安心して利用できる業者はひとにぎり

大手のファクタリング会社は給料ファクタリングを行っていません。なぜならグレーな取引であることが明確だからです。そのため、妥当な手数料で安心して利用できる業者はひとにぎりしか存在しないのです。

グレーな取引であることを逆手に取った「闇金業者」が紛れているという話もよく聞くので、業者選びは慎重に行いましょう。